*/ ?>

【GSX1300R 隼 (GW71A)】隼転倒&ガシャーニングからの再生計画:マフラーとカウルの交換。

2019年3月19日

転倒してマフラー、右カウル、右ステップ、ブレーキレバーを損傷した隼ですが、部品がそろったので交換しました。

まず、マフラーとカウルと右ステップの交換です。

右カウルの取り外し

右カウルはオイルフィルターの取り外しも際の必須なので覚えておいて損はないですよ!

右カウルはオイル交換の際のフィルター交換で必ず取り外しが必要なので、いつか覚えようと思ってましたがこんな形で外すことになるとは・・・。

ネット上にもいろいろな方が取り外し方をアップしてくれていますが、オーナーズマニュアルを確認することに。

うーん、ネットで見た情報よりも取り外す箇所が少ない?

オーナーズマニュアルに従って、クリップとボルトを外してガコガコしたところ外れました。ネット上では1時間以上かかるとか書いてある記事もあったので拍子抜け。

外すとこんな感じです。

取り外しにくいと評判のオイルフィルター。

てか、マフラーすげぇきたねえ。磨く時間はないので今回はこのままです。

マフラーの取り外し

マフラー取り外すのは簡単なはずなんですけどね・・・スプリングがかなりきつかったです。

次にマフラーを取り外します。といってもボルト外してスプリング取ればいいだけですが。

こんな感じでボルト外して、スプリングも外していきます。

しかし、このスプリングが本気で固くてなかなか外れず。

何とか外しました。

この状態でエンジンをかけてみたいですが、絶対に爆音なのでやめておきました。

さて、このままカウルとマフラーの取り付けに行きたいところですが、まずは折れたステップを交換します。

ステップの交換

汎用品だから会うはずなんですが・・・寸法が違うとかさすが中華製。

折れてしまった右ステップですがアマゾンで汎用品を入手したので、1式交換します。

ちなみに購入したのは「[シーエムワイ セレクト] ステップ 隼 ハヤブサ GSF1200 GS1200SS GSX1300R GSX1400 左右 2個 セット スズキ 純正 タイプ」です。

[シーエムワイ セレクト] ステップ 隼 ハヤブサ GSF1200 GS1200SS GSX1300R GSX1400 左右 2個 セット スズキ 純正 タイプ

ピンの先についているCリングを外せばピンは簡単に抜けますので、新しいものと交換するだけです。

こんな感じで取り外すことができます。

しかし、新規に購入したステップとピンの長さが合わないのでピンは古いものをそのまま使用。

古いピンをパーツクリーナーで油分を落とし、1000番のやすりで簡単に磨いて、グリスを薄く塗布して元通りに組み付けて終了です。

グリスは普通のグリスです。僕は熱とかからないところであれば「KURE(呉工業) グリースメイトペースト (280g)」を愛用しています。

KURE(呉工業) グリースメイトペースト (280g)

フューエルホースの点検

初期型の隼はフューエルホースが劣化していることが多いので、ついでに点検しておきました。

さて、ついでなのでフューエルラインの点検も行いましょう。

99年と00年の隼は特にフューエルラインのホースが劣化しやすいらしく、ついでに点検を行いました。

タンクを持ち上げるとタンクから出ている日本のホースがフューエルホースです。

見てみると・・・おそらく新品か交換してからあまりに日がたっていないようです。ホース自体も柔らかくて弾力があります。

実は購入する際に赤男爵の店員が

  • 「燃料ポンプは新品にしときますから^^」

って言われて「フーン」って感じだったのですがマジで変えてくれたみたいです。ちょっと赤男爵をあなどっていました。ありがとうございます。

この状態からエアクリーナーを外して、インジェクションヘッドの清掃もしたかったのですが今日は断念。

元に戻します。

マフラーとカウルの取り付け

ということで早速取り付けていきましょう。

マフラーとカウルをもとに戻していきますが、なんてことはなく逆の手順で組んでいくだけです。

マフラーは差し込んでスプリングで固定していきます。

でサイレンサー取り付けて固定しようとしたんですが、最後に位置が合わずかなり苦労しました。

中間パイプを回したりして何とか位置を合わせようとしたのですが、さすがに古いものなので回そうとしてもなかなか回らず。

最後は半ば強引に取り付けました。

カウルも元通りにして終了。

エンジンかけてみましたが、排気漏れもなく問題ないようです。

まとめ

まとめ
  • 今回はマフラーとステップとカウルを交換。
  • この程度であればそれほど苦労する作業ではないので、工具さえあればだれでも可能です。
  • フルエキとなるとそうはいきませんが・・・。

 

年間約11,000台盗まれているバイク!だからこそ盗難対策と盗難保険でカバー!

大好きなバイクとツーリングに行こうとしたら・・・バイクがなかった。

そんな経験したくないですよね?でも

  • 年間のオートバイの盗難届けの件数は約1万1千件。自動車は7100件なので、オートバイは自動車の約1.5倍盗まれやすいという事になります。

つまり毎日約30台バイクが盗難の被害にあっているわけです。

でもそれって原付みたいな盗みやすいやつばっかりでしょ?
そんなことはありません!DUCATIのような人気のバイクや旧車は特に盗まれる傾向にあります!

その為バイクの盗難防止としては重要なのは

  • 見せない→バイクの種類をわからせない!
  • 盗む時間を与えない→盗むのに時間がかかるようであればあきらめる!
  • バイクを毎日気にしているという態度を見せる。→買取のチラシは偵察!いつまでもつけたままのバイクほど盗まれやすい!

事です。

具体的な対策ですが
  • バイクカバー
    屋外で保管する場合は必ずバイクカバーをかけてください。
  • ロックは最低3個、できれば1個は地球ロック!
    バイクカバーをかけていてもカギが1個だとカバーをめくられて中を見られます。ですので最低3個くらいはつけましょう!そして1個は電柱や自宅のフェンスなどとロックして地球ロックしましょう!
    もし地球ロックが無理であれば、メンテナンススタンドとロックすることやアンカープレートを使用しましょう!
    お勧めのロックはKRYPTONITE ( クリプトナイト ) ロック NEW YORK LOCKです!
値段はちょっと高いですが、その重量感とチェーンのゴツサを見ればまさに「安心を買う」という感じです!

そして最後の手段は盗難保険に加入しましょう!

え・・・でも盗まれたバイクが返ってくるわけじゃやないよね?
たしかに自分でカスタムしたバイクはかえってきませんが、盗まれたバイクは大体めちゃくちゃに改造されるか、海外に売り飛ばされます。元のまま戻ってくることはほとんどないでしょう・・・。だからこそ盗難保険に入るべきなんです

しかし、普通の保険はバイクの盗難保険はまず扱っていません。そこでおすすめなのがバイク盗難保険『ZuttoRide Club』です。

バイク盗難保険『ZuttoRide Club』の特徴は

  • バイク盗難保険:最大300万円まで補償
  • パーツ盗難保険:最大20万円まで補償
  • カギ穴いたずら補償:最大5万円まで補償
  • さらに盗難保険金額ごとに細かい保険を選ぶことができます!
パーツ盗難保険って意味あるの?
じつはバイク本体が盗まれないにしても「アクラポビッチのスリップオンマフラー」や「ブレンボのブレーキ」は盗まれたりするんです!

盗難された挙句修理費用、新車の購入費用もすべて負担・・・では納得がいきませんよね?だからこそ盗難保険に加入するのがおすすめです!