*/ ?>

【プラント設計の基礎】HACCPによる食品工場設計方法その5:改善措置の設定

2019年6月16日

問題が発生した場合それを是正する必要があります。ISOでもよくありますよね?

所品工場でも同様で問題が発生した場合、多くの状況で是正措置を講じる必要があります。ただし、今回はあくまでも設計段階なので幸運にも消費者には影響しない段階となります。もちろん、消費者に何か影響が起きてしまってからでは遅いので当たり前ですが・・・。

これがH「危害要因分析(に基づく)必須管理点(HACCP)」の中でどのように当てはまるかを見てみましょう。

他のHACCPに関する記事は下記よりご覧ください。


HACCPの原則5:改善措置の設定

簡単に言うと、指定された重要管理点(CCP)で設定された限界が意図したとおりに機能していないと判明した場合、消費者を潜在的な食品安全問題にさらします。

HACCPの原則その4について説明した例に戻りましょう。その時の例は

  • 炊飯器温度制御ループの設計において、CCPで彼女のエンジニアによって確立された下限臨界値に関する問題を発見しました。論理上の時間と温度はラインで作られるであろう製品の大部分で肉の小さいカットを徹底的に調理するのに十分です。しかしより大きいカットは調理不足になるでしょう。ロジック内の時間と温度の設定はその違いを吸収するには不十分でした。

幸いなことに、エンジニアリングマネージャの継続的なモニタリングによって、不具合があることが報告されました。エンジニアはすぐにそれについてのフィードバックを設計提供し、設計エンジニアはソフトウェアロジックを修正します。

問題は解決しすべてが食品製造工場内でうまく機能することになりました。しかしまだ完了していません。

次に我々は、HACCPの原則1から5が守られていること、そしてそれらが消費者を潜在的な食品汚染の危険から守るために実際に働いていることを確実にするためのメカニズムが設定されていることを確かめなければなりません。

次回はこれらの原則がただしく運用されているかを確認する手順を書きたいと思います。

食品衛生法対応 はじめてのHACCP: 実例でわかるHACCP制度化への対応


 

プラントエンジニアの転職なら「プラント特区」がおすすめ!

一般的に”エンジニア”っていうとプログラム扱うような仕事の人を言うことが多くて、なかなか我々”プラントエンジニア”に結びつかないですよね。

それは転職業界でも同じで”エンジニア”向けの転職プラットフォームはあるのに、”プラントエンジニア”に特化したものはありませんでした。

なので「リクナビNEXT」などの転職総合サイトからしか探すしかない状況でした。他デパート型の求人媒体もたくさんありますが、求職者・求人が各媒体に散らばってしまいお互いに効率がよくありませんでした。

ところがついに”プラント業界専門の転職求人プラットフォーム”ができました!

それが「プラント特区」です。

プラント特区」の特徴として

プラント特区の特徴
  • プラント業界専門特化、全国のプラント系企業が求人を公開。
  • 企業の採用担当者にその仕事の質問や相談メッセージが送れるSNSライクなシステム。
  • メッセージのやり取りは1対1のチャット機能を採用。メールよりも簡単でスピーディ。
  • プロフィールを登録しておけば、あなたを必要とする企業からオファーメッセージが届く。
  • あなたの名前は匿名ID番号表示なので就業中でも安心。さらに特定の企業を選んでプロフィール閲覧できなくするブロック機能も使える。
  • PC/スマホどちらでも使えるので、少しの空き時間があれば新着求人チェックやメッセージ返信が行える。
  • 説明書なしでも使えるよう画面構成や機能は極限までシンプル化。
  • 求職者会員は無料。

元々プラントエンジニアの仕事をしていた人が立ち上げたサービスですが、比較的古い歴史を持つ業界としてここまで革新的な専門サイトはありませんでしたね。

でも聞いたことのないサービスだし・・・あまり有名な会社はないんじゃないの?
そんなことありません!東レエンジニアリング東日本株式会社、出光エンジニアリング株式会社、住友ケミカルエンジニアリング株式会社、株式会社JFEエンジニアリング、日揮プラントイノベーション株式会社などの求人も存在していますよ!

現在のプラント業界は高齢化・人材不足が深刻です。

電気・計装・配管・機械などの設計職はもちろん、プロジェクトマネージャーや施工管理、安全管理、CADオペ、調達など、プラント事業に関わる様々なプラント特化求人を「プラント特区」は取り扱っています。

この機会に是非登録してみてはいかがでしょうか?