*/ ?>

ソロツーリングしてみませんか?バイク初心者・ベテラン問わずオススメ!

2018年9月22日

バイクに乗っている人はツーリングに行くときは誰かと一緒のことが多いですか?免許取りたての方や、女性の方は1人で出かけるというのは少し緊張したりするものかもしれません。

ソロツーリングってなんとなくハードルが高いように感じている人もいるのではないでしょうか?皆で楽しくワイワイとツーリングするのも良いですが、ソロツーリングにはソロツーリングの楽しみ方があります。

今回はそんなソロツーリングを楽しむコツをご紹介して、ソロツーリングに挑戦したと思ってくれる人が増えることを期待します。

 

✅年間何台のバイクが盗まれて何台が戻ってきてるか知っていますか?

年間のオートバイの盗難届けの件数は約1万1千件。これ自動車の約1.5倍です。そして検挙率は14.9%(2017年)。盗まれたらほぼ戻ってきません。
盗難場所も駐輪場、駐車場、自宅敷地内が83%なのでどこでも盗まれる状況です。
そんな時に安心なのが盗難保険。僕も加入しているバイク盗難保険『ZuttoRide Club』なら、バイク本体だけでなく、パーツ単位で保証してくれるので安心ですね。
>>ずっとバイクに乗り続けたい人だけ加入してください。

 

ソロツーリングの良いところ

ソロツーリングはすべてを自分のペースで進めていくことができます。途中でちょっと寄りたいところができても周りに気を遣わずによることができます。

ソロツーリングの良いところは、全てが自分のペースで進んでいくということです。

行ってみたいところ、見てみたい景色、食べたいもの…その時その時の思い付きでこなしていくことができます。

ふと見かけた看板が気になって立ち寄るということは行程がある程度決まっているマスツーリングでは難しいですが、ソロツーリングなら気兼ねなく寄っていくことができます。

僕の場合は、出先で綺麗な景色が現れた時にバイクを停めて写真を撮ることが多いのですが、撮影が目的のツーリングになるとソロの方が良いと思っています。

僕の写真撮影のために他の人を待たせるのは申し訳ないですし、僕が良いなと思った景色を残りの人が良いと思うかどうかもわかりません。誰にも気を使うことなく止まったり走ったりができるというのは思っている以上に自由を感じます。

また、マスツーリングではバイクの運転技術のレベルが人それぞれで、ペースが速くて少し怖い思いをしたことがある人、逆にペースが遅くて少しつまらないと感じたことがある人がいるのではないかと思います。

ソロツーリングでは、1人ですので自分の楽しいと思えるペースで走ることができます。安全面でも精神面でもこれはとても良いことだと思います。

こんな風に、ソロツーリングの良いところは自由度の高さであると僕は感じています。

ソロツーリングは何を目的にする?

何かを目的にしないとソロツーリングはいきづらいですよね?そんな人のためにお勧めのツーリングをまとめてみました。

ソロツーリングに出かけよう!と思った時に何を目的にするか悩むこともあると思います。

自由度が高いゆえに、何か目的を持たないとツーリングがグダグダになってしまいそうだと不安になる人のために、ツーリングと相性バッチリのものを紹介したいと思います。

こんなソロツーリングはどうですか?
  • 写真撮影
    大きな一眼レフカメラじゃなくても大丈夫です。コンパクトカメラやスマートフォンのカメラでも素敵な写真はいっぱい撮ることができます。
    ツーリング先ならではの写真を撮っておくと、あとで見返した時に思い出が蘇ってきます。SNS映えするような人気スポットもバイクだと楽に行けることが多いというのもポイントですね。
  • 御朱印集め
    神社やお寺でもらえる御朱印、平たく言えば神社お寺のスタンプカードのようなものです。大体1,000円前後の御朱印帳を買って、300円ほど払って御朱印を記入してもらいます。
    それぞれの神社でデザインが異なり、あまり有名じゃない神社の御朱印が思っていた以上に綺麗だなんていうこともあります。
    日本には都市部・郊外問わず色々なところに神社やお寺がありますので、ツーリングの目的地に悩んだときは御朱印をもらいに行くという風にするのも良いかもしれません。
  • ダムカード集め
    皆さんはダムカードってご存知ですか?僕もバイクに乗り始めるまでは知らなかったのですが、ダムでもらえる記念カードがあるんです。
    巨大建造物が好きな人にはダム見学は楽しいですし、ダムというものは大体山奥にあることが多いので、ダムに行くまでの道はスポーツ走行が好きな人にはピッタリな道なことが多いんです。
    せっかく遠くまで行ったのだから何か記念になるものが欲しいという人にはちょうどいい目的になると思います。
  • 道の駅スタンプ
    道の駅にはスタンプがあり、このスタンプ専用のスタンプラリー帳もあります。
    立ち寄った記念にもなりますし、道の駅で地元の美味しいものが食べられることも多いので、グルメを求めるライダーにおススメです。
    道の駅のレストランは1人でも入りやすいところが多いので、ソロツーリングでも入りやすいのが嬉しいところですね。

ソロツーリングでの注意点

ただし、トラブルがあった場合も一人で対処しなければならないのが欠点です。

ソロツーリングは1人で行くものですので、何かあった時の対処も1人で冷静にしなければならない場面があります。転倒した際にはバイクを引き起こさなければなりませんし、故障の際には必要な処置をしなければなりません。

任意保険のロードサービスなどには必ず加入し、自分ではどうにもならないことが起こった時にも対応できるようにしましょう。

また、リスクを避けるために、少しでも不安を感じたら引き返す、天候が悪くなりそうだったり疲れたりしたときは休憩に入るなど、自分の状況を冷静に判断してツーリングを続けるようにしてください。

慣れてくれば自分がどの程度走れるのかなどがわかってくるので、徐々に不安もなくなってくると思います。

ソロツーリングのコツまとめ

まとめ
  • ソロツーリングはやってみて慣れてくるととても楽しい。
  • 初は少しハードルが高く感じると思いますが、ぜひチャレンジしてみてもらいたい。
  • 距離を走らないルートから始めていき、そのうち泊まりで県外や1週間ほどのツーリングにするのがおすすめ。
  • 任意保険は必ず入ろう!ロードサービス付きがベスト!

 

✅年間何台のバイクが盗まれて何台が戻ってきてるか知っていますか?

年間のオートバイの盗難届けの件数は約1万1千件。これ自動車の約1.5倍です。そして検挙率は14.9%(2017年)。盗まれたらほぼ戻ってきません。
盗難場所も駐輪場、駐車場、自宅敷地内が83%なのでどこでも盗まれる状況です。
そんな時に安心なのが盗難保険。僕も加入しているバイク盗難保険『ZuttoRide Club』なら、バイク本体だけでなく、パーツ単位で保証してくれるので安心ですね。
>>ずっとバイクに乗り続けたい人だけ加入してください。