*/ ?>

iOSがアップデートできない!そんな時は〇〇をOFFにしてみて!

iOS14が2020年9月16日にリリースされていますが、私の環境ではなぜか常に

  • 不明なエラーが発生しました(4000)

と出てアップデートできませんでした。

しばらく放っておきましたが・・・何とか解決したのでメモ程度に記載しておきます。

というか・・・アップルさんもこういう情報上げてよ・・・。

解決方法は「パスコードOFF」と「自動ロックOFF」

あくまでも私の環境でエラーが出なくなったので他の方は違うかもしれません。

ということで解決方法は非常に簡単で「パスコードOFF」と「自動ロックOFF」です。

パスコードOFFの方法

ホーム画面から「設定」→「Touch IDとパスコード」→「パスコードをオフにする」でオフにできます。

ただし、Walletの設定が初期化されるので注意してください。

Touch IDとパスコードから

パスコードをオフにしましょう。

自動ロックOFFの方法

こちらもホーム画面から「設定」→「画面表示と明るさ」→「自動ロック」→「なし」

にすればいいだけとなります。

画面表示と明るさを選択し

自動ロックを選択

無しにしましょう。

アップデートが終了したら両方とも元に戻しておくことを忘れずに!

効果のなかった方法

これらも他の人には効果があるかもしれませんが・・・私には効果がありませんでした。

iTunesのアップデート

最新版にアップデートしましたが効果なし。

音楽や写真の同期をOFFにして空き領域を確保

すごい時間かかったのに効果なし

ライトニングケーブルの変更

Anker iPhone充電ケーブル PowerLine II ライトニングケーブル MFi認証 iPhone 12 / 12 Pro / 11 / SE(第2世代) iPad 各種対応

を購入したけど効果なし。まぁ安かったからいいけど・・・。

Anker iPhone充電ケーブル PowerLine II ライトニングケーブル MFi認証 iPhone 12 / 12 Pro / 11 / SE(第2世代) iPad 各種対応

USBポートの変更

これも効果なし。

ということでこれらは私の環境では全く効果がなかったです。

まとめ

まとめ
  • iOSがアップデートできない時はまず「パスコードOFF」と「自動ロックOFF」を試してみる。
  • ダメなら空き領域の確保やライトニングケーブルの変更を試してみる。
  • というか「パスコードOFF」と「自動ロックOFF」が一番簡単。