【まとめ記事】iPhone を復元する時に起こったトラブルと解決法





Photo:PEXELS

iOS11にしてから何となくiPhone の動作が重い気がしたので、思い切って復元しました。ところが、復元する際に二つほどトラブルが発生し非常に時間がかかりました。

覚え書きと同じようなことで困っている人のために、解決法を記載しておきます。

僕の使用しているiPhone

iPhone 6plusを使用しています。

不具合というかWordPressのアプリで記事を書いているのですが、それが異常に重くなったこと。また、バッテリーの表示もおかしく、満充電しても60%で止まり、逆に30%で電源オフになったりするので、バックアップして復元することとしました。

バックアップは何事もなく終了して、復元する時にトラブルが発生しました。

iPhoneを復元する際のトラブル1:「このコンピュータにバックアップを保存するための十分な空き領域がないため、iphoneを復元できませんでした」というトラブルが発生

復元して数分経つと

  • このコンピュータにバックアップを保存するための十分な空き領域がないため、iphoneを復元できませんでした

と、表示が出て全く復元できなくなりました。

エラーメッセージの意味もよくわかりませんが…パソコンの空き容量は不足していないはずですし、原因が全くわかりません。

とりあえず、古いバックアップを削除しましたが状況は変わらず、途方に暮れていました。

復元する際のトラブル対策1:iTunesをアップデートした

よく考えたらiTunesをしばらくアップデートしていませんでした。原因かどうかはわかりませんが、iTunesをアップデートして、パソコンを再起動しました。

iTunesのアップデートはかなり時間がかかりましたが…。

復元する際のトラブル対策2:ケーブルを交換した

念の為ですがケーブルも交換しました。普段は巻取り式のものを使用しているのですが、Anker製のケーブル「Anker プレミアムライトニングUSBケーブル 【iPhone X / 8/ 8 Plus 対応 / Apple認証】コンパクト端子 ( ホワイト0.9m )」に念の為交換しました。

バックアップは取れているので何かあっても復元はできますが、復元途中で接続が切れるのを避ける為です。

私の使用している物とは違いますが、復元などを行う際は純正もしくは「Apple認証」済みのものが良いでしょう。

iPhoneを復元する際のトラブル2:治ったと思ったら「バックアップが壊れているか互換性がないため復元できませんでした」が発生。

再起動後普通に進んだため

「いけたー!」

と喜んでいたところ

  • バックアップが壊れているか互換性がないため復元できませんでした

と表示が出て又しても復元できなくなりました。
というか、互換性がないとかありえないので、本当にバックアップが壊れたかとかなり焦りました。

何回繰り返しても治らず、再起動してもダメで途方に暮れてた時にあることに気づきました

復元する際のトラブル対策3:ウイルスセキュリティが原因?

多分、10回以上繰り返した時にふと

  • 復元中にウイルスセキュリティが反応していたことに気づきました。

確認すると隔離されているファイルがあります。

復元する際のトラブル対策4:隔離されたファイルを復元+ウイルスセキュリティをオフにして解決!

これかも! と思ったので、隔離されたファイルを復元して、念のためウイルスセキュリティはオフにしました。

さらに、無線LANも切ってネットを遮断しました。(念のため)

この状態で復元したところ…やっと復元できました。
多分20回くらいやったのではないかと…2時間は余裕で潰れました…。

iPhone を復元する時に起こったトラブルと解決法:まとめ

  • iTunesは最新にして再起動。
  • 古いバックアップは削除しておく。
  • ケーブルは純正もしくは「Apple認証」済みの物に!
  • アンチウイルスソフトはオフに
  • 念の為インターネットの接続は遮断する。

これらを実施しておきましょう。
早起きして通勤前にやったので、復元はできたものの音楽や動画は全く無しのまま出勤しました。

また、一部アプリもダウンロード出来ませんでした。

皆さんはこんなことにならないように、時間に余裕を持って(僕も2時間程度は持っていましたが…)復元しましょう。