iPhoneが同期できない!そんなときの解決策まとめ!







前にiPhoneとiTunesを同期した時は問題なくできたのに・・・、iPhoneをアップデートした後に同期できなくなった・・・。

iPhoneは取扱説明書がない分、何かトラブルが起こった時にすぐに解決方法がわからず、より焦ってしまうこともあるかもしれないですね。

今回はiPhoneの中でも多い、同期できないトラブルについてその対処法をわかりやすく紹介します。

手動管理になっていないか確認

iTunesを手動で管理していると勝手に同期されない設定になっており、同期できない可能性があります。

iTunesのオプション→音楽とビデオを手動で管理

の部分で手動設定を解除できます。

iTunesのバージョンを確認

パソコンにインストールされているiTunesのバージョンが最新ではない場合、同期されないことがあります。

今インストールされているものが最新であるか確認してみて、最新でなければアップデートして再度同期を試してみてください。

iPhoneのバージョンを確認

パソコンだけではなく、iPhoneも最新もバージョンにアップデートされていなければ同期できないことがあります。

最新ものであるかどうかは、

iPhoneのホーム画面で設定→一般→ソフトウェアアップデートの画面で確認してみてください。

iPhone、パソコン共に常に最新のものをアップデートするようにしていると同期できないトラブルになることがなく、安心です。

ストレージの確認

iPhoneの空き容量が十分出ない時、同期できないファイルが発生してiPhoneの同期自体ができなくなることがあります。

同期する前に、容量が十分あるか確認してみてください。

iPhoneのホーム画面で設定→一般→iPhoneストレージから確認することができます。

その画面で各アプリの容量を確認することができるので、もしも容量が十分でなければどのアプリが必要か不必要かを確認するなどして空き容量を確保してください。

また写真や動画などが多くの容量を使っていることもあるようです。

不必要なものはこまめに整理していると同期できなくなった際の手間を省くことができるでしょう。

iCloudミュージックライブラリを確認

Apple Musicがオンになっていると、iTunesからiPhoneに曲が入らない設定になっている可能性があります。iCloudミュージックライブラリの状況がどうなっているか確認して、もしオンになっていたらオフにしてもう一度同期を試してみてください。

iPhoneのホーム画面で設定→ミュージック→iCloudミュージックアプリ
でオフ設定ができます。

USBケーブルを確認

USBケーブルの接触が悪かったり、USBケーブル内で断線が起こっていると同期がうまくいかないことがあります。

純正でないケーブルは断線を起こしやすく、正規品のものと比べると劣化も早いようです。

他のUSBで再度同期を試してみてください。

同期中に断線や接触不良などを起こさないためにも、正規品のUSBケーブルを使われることをおすすめします。

最終手段:再起動

上記の解決方法でも同期ができない場合、一度iPhoneもパソコンも再起動をしてみてください。再起動すると読み込みや同期が開始されるということもあるようです。

まとめ

iPhoneの同期がうまくいかなかった時にまずは一度試していただきたい対処法を紹介しました。

iPhoneとパソコンのアップデート状況が合っていなかったり、設定が違っていたり、これまでは問題なく同期できていたのにいきなりできなくなって対処法がわからないということも珍しくないようです。

トラブルを起こさないためにも常にアップデート状況を確認、必要ないアプリや画像はこまめに削除する、USBケーブルは純正のものを使う、などを日頃から実行できているのが望ましいですね。

全て確認、再度試してみても同期できない場合はサポートセンターやAppleStoreで相談してみてください。