寒い冬にiPhoneの電池が劣化?その理由を解説!【気温】







朝100%に充電しても昼になると充電が30%になっている・・・。

という経験をされたことがある方、いらっしゃるのではないでしょうか?まだまだあるはずだった充電がいきなり切れたり、何か作業をしている時に電源が落ちてしまうと生活や仕事に支障をきたすことも。

充電が減りやすくなる、電池の劣化の原因はたくさんあります。何年も同じ携帯を使っていたり、充電回数が多いと電池の持ちが悪くなったり、、その中の理由のひとつに、冬の気温による電池の劣化が挙げられます。

iPhoneは気温の変化に弱く、低温、高温、またその気温差の影響をとても受けやすいと言われています。

今回はその中でも、冬の気温が原因で電池が劣化してしまう理由を解説し、その対処法を紹介します。

冬に電池が劣化する原因を解説

iOSデバイスは環境温度(周囲の温度)が0〜35℃の場所でお使いください。低温下は高温下では温度調整のためにデバイスの動作が変化することがあります。0℃以下の極端な低温下でiOSデバイスを使うと、一時的にバッテリーの消耗が早くなったりデバイスの電源が切れたりすることがあります。より温度の高い場所にデバイスを戻すと、バッテリーの駆動時間も通常の状態に戻ります。
アップルサポートページより引用

そもそもiPhoneやスマホの電池だけではなく、どんな電池でも温度の変化には弱くその中でも寒さにとても弱いと言われています。

電池は、金属同士の電気の抵抗からできています。温度が低くなればなるほど電池を使う際に電気の抵抗を起こそうと、電池の中の機能は活発に働く必要があります。

そこにエネルギーをたくさん使うため、充電の減りが早くなることが、冬に電池が劣化しやすい原因です。

冬の電池の劣化を防ぐためには温度が下がらないような場所で管理して使うことが必要になります。

対処法

Appleデバイスは、広い周囲温度範囲で正しく動作するように設計されており、最適な範囲は16〜22℃です。バッテリー容量に回復不能な損傷を与える可能性があるため、35℃を超える周囲温度にデバイスをさらさないことが特に重要です。損傷を受けた場合は、そのバッテリーが一回の充電でデバイスを駆動できる時間が通常よりも短くなります。周囲温度が高い場所でデバイスを充電すると、より深刻な損傷を与えることもあるので注意してください。推奨されるバッテリー温度を超えると、ソフトウェアが80%以上の充電を制限する場合もあります。また、高温な環境でのバッテリー保管でさえ、回復できないダメージをバッテリーに与える可能性があります。温度が非常に低い環境でデバイスを使用する場合もバッテリー駆動時間が短くなることがありますが、この状態は一時的なものです。バッテリーの温度が通常の通常範囲内に戻ると、パフォーマンスも通常の状態に戻ります。
・Appleサポートページより引用

冬のiPhoneトラブルを対処するには、温度が下がりすぎないように、できれば16〜22℃のところに保つことが重要のようです。

とはいえずっとiPhoneの温度管理に気をとられるのも大変ですよね。今回はとても簡単にできる、iPhoneの冬の電池劣化対処法を紹介します。

対処法1:寒さから守ってくれるiPhoneケースをつける

シリコン素材や厚めの革製品でできているような、熱を通しにくくiPhoneを包み込む形になっているケースがおすすめです。つけているだけで寒さからiPhone本体を守ってくれるため寒いところへいっても急激に温度が下がる心配をすることがなくなります。

ケースをつけずに外などで使っているとダイレクトに気温を受けてしまい手で触ってもすぐにわかるほど一気に本体が冷たくなってしまいます。

ケースだけで完全に寒さを防ぐことはできないので長時間外にいる時効果はなくなるかもしれません。

しかし間違いなく寒さが伝わる速度は遅くなるでしょう。

対処法2

ジーンズのポケットに入れる、バッグの中に入れても身体側のポケットに入れる、など体温にできるだけ近い場所に入れて持ち運んでください。

コートのポケットなど身体から遠いところだとより外からの寒さを受けてしまうでしょう。

体温を使ってできるだけ暖かさを保つ工夫をしてみてください。

まとめ

特に寒い場所に長時間いらっしゃるような方はカイロと一緒にiPhoneをポケットに入れておくなど入念に対策されているようです。

今年の冬こそ、いきなりiPhoneの充電がなくなっていた!なんてことにならないよう、是非簡単にできる電池劣化対処法を試してみてください。