*/ ?>

【大阪発日帰りソロツー】伊勢神宮でお参りとうどんを楽しむツーリングルート【関西ソロツーリング】

2018年9月22日

今回は伊勢神宮にお参りツーリングに行くルートを紹介したいと思います。大阪から伊勢までだとけっこう距離はありますが、高速道路を使えば日帰りも楽々できちゃいます!

観光スポットだけでなく、美味しいものが食べられるスポットも紹介したいと思います。

今回のルートは下記の用になります。

 

大阪駅発~伊勢まで

正確に言うと名阪国道は高速道路ではなく自動車専用道路ですが

大阪から伊勢までの往路は名阪国道と伊勢自動車道を利用することをおススメします。下道でも行くことは可能ですが、三重県内の国道23号線は渋滞することが多いため、行きか帰りのどちらかは高速道路を利用する方が疲れにくいと思います。

名阪国道の途中には針テラスという関西のライダーが集まる道の駅があるので、休憩しながら色々なバイクを見ることもできます。

伊勢神宮周りは有名な観光スポットも多くありますので、1日楽しめます。

三重県内には美味しいものが食べられるところも多くあるので、それを巡るツーリングというものもできます。

お伊勢参りツーリングおススメスポット

三重方面のおすすめスポットです!針テラスは休日にはすごい量のバイクが集まります!

道の駅針テラス

名阪国道の針インターを出てすぐのところにある道の駅です。周辺にワインディングロードがあったり、関西の各方面からのアクセスがいいこともあり、週末になるとかなりの台数のバイクが集まります。

中には1日ここでダラダラするために来ているような人もいますので、希少車からカスタムバイクまで色々なバイクをみることができます。

ツーリングの集合場所、休憩ポイントにもピッタリな場所です。

お食事処だけでなく、入浴施設もありますのでゆっくりと体を休めることも可能です。

伊勢神宮

お伊勢さんで日本中に知られており、神社本庁の本宗でもあります。

伊勢神宮には、「太陽」を神格化した天照坐皇大御神(天照大御神)を祀る皇大神宮と、衣食住の守り神である豊受大御神を祀る豊受大神宮の二つの正宮があり、一般に皇大神宮は内宮(ないくう)、豊受大神宮は外宮(げくう)と呼ばれています。

内宮と外宮は離れているため、観光で内宮のみの参拝の人が多いですが、まず外宮を参拝してから内宮に参拝するのが正しいとされているので、できればどちらも順番に行ってみてください。

赤福本店

お土産として有名な赤福の本店も伊勢神宮の近くにあります。赤福餅の形は伊勢神宮神域を流れる五十鈴川のせせらぎをかたどり、餡につけた三筋の形は清流、白いお餅は川底の小石を表しているそうです。

ここでのおススメは赤福氷です。

夏場は大人気で行列ができるほど。暑い日のツーリングではこれを食べてリフレッシュできるでしょう。

もちろんお土産に赤福餅を買って帰るのも良いですね。

コケコッコー共和国

初めて名前を聞く人は「なんだそれ?」と思うかもしれません。三重県多気町にある、養鶏場の直売所なんですが、ここで美味しいご飯が食べられるので、近くにツーリングに行ったときにはよく立ち寄っています。

鶏の焼肉と卵かけご飯がリーズナブルな値段で楽しめるのですが、おすすめは何といっても卵かけご飯です。

正直、ここ以外ではあまり卵かけご飯を食べないのですが、ここの卵かけご飯はそんな私でもどんどん食べられる美味しさです。

卵を使ったシュークリームやプリンなどのデザートもとてもおいしいので、観光地に興味のない人はここを目的地に山の中のワインディングロードを走るだけのツーリングでも良いのではないだろうかと思うほどです。

三重県のもつポテンシャル

関西からは微妙に距離があり、中部なのか関西なのかよくわからない県というイメージのある三重県ですが、ツーリング先としてかなりのポテンシャルを持っています。

滋賀県との県境の鈴鹿スカイラインは気持ちのいいワインディングロードですし、四日市の工場夜景はSFの世界に入り込んだような景色を見ることができます。

鈴鹿サーキットではイベントやレースなどがあり、大きなイベントごとが定期的に開催されます。

ここまでにおススメした伊勢神宮だけでなく、伊勢志摩の海鮮を楽しんだりと、走って良し、見て良し、食べて良しの3拍子がそろっています。

困ったときには三重県方面に向けて走り出したら何とかなる…そんなポテンシャルを持っている三重県をぜひ楽しんでください。

伊勢ツーリングまとめ

まとめ

今回ご紹介したルートは走行距離357kmですが、高速道路や田舎道を通るルートですので所要時間は短くなっています。

観光や食事をしっかりと楽しめますので内容の濃いツーリングになると思います。

バイクの良いところは観光地に行ったときに駐輪スペースに困らないことです。

車だと駐車場が混雑していてなかなか観光をスタートできないということも多々ありますが、バイクだとあまり困った経験がありません。

 

年間約11,000台盗まれているバイク!だからこそ盗難対策と盗難保険でカバー!

大好きなバイクとツーリングに行こうとしたら・・・バイクがなかった。

そんな経験したくないですよね?でも

  • 年間のオートバイの盗難届けの件数は約1万1千件。自動車は7100件なので、オートバイは自動車の約1.5倍盗まれやすいという事になります。

つまり毎日約30台バイクが盗難の被害にあっているわけです。

でもそれって原付みたいな盗みやすいやつばっかりでしょ?
そんなことはありません!DUCATIのような人気のバイクや旧車は特に盗まれる傾向にあります!

その為バイクの盗難防止としては重要なのは

  • 見せない→バイクの種類をわからせない!
  • 盗む時間を与えない→盗むのに時間がかかるようであればあきらめる!
  • バイクを毎日気にしているという態度を見せる。→買取のチラシは偵察!いつまでもつけたままのバイクほど盗まれやすい!

事です。

具体的な対策ですが
  • バイクカバー
    屋外で保管する場合は必ずバイクカバーをかけてください。
  • ロックは最低3個、できれば1個は地球ロック!
    バイクカバーをかけていてもカギが1個だとカバーをめくられて中を見られます。ですので最低3個くらいはつけましょう!そして1個は電柱や自宅のフェンスなどとロックして地球ロックしましょう!
    もし地球ロックが無理であれば、メンテナンススタンドとロックすることやアンカープレートを使用しましょう!
    お勧めのロックはKRYPTONITE ( クリプトナイト ) ロック NEW YORK LOCKです!
値段はちょっと高いですが、その重量感とチェーンのゴツサを見ればまさに「安心を買う」という感じです!

そして最後の手段は盗難保険に加入しましょう!

え・・・でも盗まれたバイクが返ってくるわけじゃやないよね?
たしかに自分でカスタムしたバイクはかえってきませんが、盗まれたバイクは大体めちゃくちゃに改造されるか、海外に売り飛ばされます。元のまま戻ってくることはほとんどないでしょう・・・。だからこそ盗難保険に入るべきなんです

しかし、普通の保険はバイクの盗難保険はまず扱っていません。そこでおすすめなのがバイク盗難保険『ZuttoRide Club』です。

バイク盗難保険『ZuttoRide Club』の特徴は

  • バイク盗難保険:最大300万円まで補償
  • パーツ盗難保険:最大20万円まで補償
  • カギ穴いたずら補償:最大5万円まで補償
  • さらに盗難保険金額ごとに細かい保険を選ぶことができます!
パーツ盗難保険って意味あるの?
じつはバイク本体が盗まれないにしても「アクラポビッチのスリップオンマフラー」や「ブレンボのブレーキ」は盗まれたりするんです!

盗難された挙句修理費用、新車の購入費用もすべて負担・・・では納得がいきませんよね?だからこそ盗難保険に加入するのがおすすめです!