【大阪発日帰りソロツー】高田千本桜を見てきました!

2020年4月4日

大阪モーターサイクルショーも中止になり、BIKE!BIKE!BIKE!2020も中止になって、非常に寂しいことになっていますが、ちょうど桜が満開の季節です。

ということで、奈良県大和高田市にある桜の名所「高田千本桜」を見に行ってきました。

今回のルート

南阪奈道路から葛城まで向かい「道の駅 葛城」で休憩。そこから「高田千本桜」をみて「道の駅 ふたかみパーク當麻」経由で帰ります。

調べてみると・・・それほど距離がなかった。

道の駅 葛城

さすがに早朝なので、お店は何も開いていません。車はそれなりに止まっているんですけどねぇ。

結構大きい道の駅です。南阪奈道路の葛城IC出てすぐなのでアクセスもいいですね。

で、ここから「高田千本桜」に向かうんですが・・・少し事件が起きました。

道に超迷う

実は朝からナビの調子が悪くて、ルート読み込んでも反映してくれなかったりしていて、だましだまし使っていました。

まぁ、「道の駅 葛城」までは南阪奈道路経由なので簡単ですが、ここから先はナビがないと全然道がわかりません。

ところが、道の駅かつらぎをでて走ると・・・なんか行き先が確実におかしい。

途中で停車して、再度ルートを読み込んだりなんだりして・・・なんとか正しい道になったようなので再度出発。

ナビだよりなので調子が狂うと困りますね。おかげで15分くらい損しました。

高田千本桜」は川沿いに桜並木が続きとても綺麗!

予定のルートとは異なりましたが、なんとか「高田千本桜」に到着。

道沿いに桜が延々と続きます。ちょうど満開のようで、非常にきれいな景色です。

こんな中を散歩したらとても気持ちよさそうです。

さすがに早朝なので人通りはまばらでしたが、散歩している人やカメラで撮影している人もちらほらいました。

私も道端にバイクを止めてパシャリ。

天気も良いのでお花見日和ですね。

残念ながらバイクを止める場所はなさそうなので、ゆっくり見ることはやめて早々と帰路につきました。

車を止めるところもなさそうなので、来るなら電車出来たほうがゆっくりと楽しめそうですね。

道の駅 ふたかみパーク當麻

ここからはひたすら下道で「道の駅 ふたかみパーク當麻」を目指します。

どうもよく調べると、香芝のICから西名阪道路→阪神高速大和川線で帰ることもできるのですが、けっこうお金がかかるので、行きとほぼ反対のルートで帰りました。

最後の休憩で「道の駅 ふたかみパーク當麻」に立ち寄りましたが、ここも早朝なので店は何も開いておらず。早朝ツーリングの悲しいところですね。

帰りは太子のインターから帰宅。早朝6時に出発して、なんだかんだで9時ぐらいまで走っていました。70kmくらいしか走っていないんですけどね。


 

年間約11,000台盗まれているバイク!だからこそ盗難対策と盗難保険でカバー!

大好きなバイクとツーリングに行こうとしたら・・・バイクがなかった。

そんな経験したくないですよね?でも

  • 年間のオートバイの盗難届けの件数は約1万1千件。自動車は7100件なので、オートバイは自動車の約1.5倍盗まれやすいという事になります。

つまり毎日約30台バイクが盗難の被害にあっているわけです。

でもそれって原付みたいな盗みやすいやつばっかりでしょ?

そんなことはありません!DUCATIのような人気のバイクや旧車は特に盗まれる傾向にあります!

その為バイクの盗難防止としては重要なのは

  • 見せない→バイクの種類をわからせない!
  • 盗む時間を与えない→盗むのに時間がかかるようであればあきらめる!
  • バイクを毎日気にしているという態度を見せる。→買取のチラシは偵察!いつまでもつけたままのバイクほど盗まれやすい!

事です。

具体的な対策ですが

  • バイクカバー
    屋外で保管する場合は必ずバイクカバーをかけてください。
  • ロックは最低3個、できれば1個は地球ロック!
    バイクカバーをかけていてもカギが1個だとカバーをめくられて中を見られます。ですので最低3個くらいはつけましょう!そして1個は電柱や自宅のフェンスなどとロックして地球ロックしましょう!
    もし地球ロックが無理であれば、メンテナンススタンドとロックすることやアンカープレートを使用しましょう!
    お勧めのロックはKRYPTONITE NEW YORK LOCK 999492です!

値段はちょっと高いですが、その重量感とチェーンのゴツサを見ればまさに「安心を買う」という感じです!

そして最後の手段は盗難保険に加入しましょう!

え・・・でも盗まれたバイクが返ってくるわけじゃやないよね?

たしかに自分でカスタムしたバイクはかえってきませんが、盗まれたバイクは大体めちゃくちゃに改造されるか、海外に売り飛ばされます。元のまま戻ってくることはほとんどないでしょう・・・。だからこそ盗難保険に入るべきなんです

しかし、普通の保険はバイクの盗難保険はまず扱っていません。そこでおすすめなのがバイク盗難保険『ZuttoRide Club』です。

バイク盗難保険『ZuttoRide Club』の特徴は

  • バイク盗難保険:最大300万円まで補償
  • パーツ盗難保険:最大20万円まで補償
  • カギ穴いたずら補償:最大5万円まで補償
  • さらに盗難保険金額ごとに細かい保険を選ぶことができます!

パーツ盗難保険って意味あるの?

じつはバイク本体が盗まれないにしても「アクラポビッチのスリップオンマフラー」や「ブレンボのブレーキ」は盗まれたりするんです!

盗難された挙句修理費用、新車の購入費用もすべて負担・・・では納得がいきませんよね?だからこそ盗難保険に加入するのがおすすめです!