*/ ?>

プラントエンジニアは結婚できないのか?いやいや俺結婚してるって!^_^

2019年12月28日

プラントエンジニアって激務だから結婚できないんでしょ?

って思っている方安心してください。僕は結婚しています。もちろん、今の会社ではなくて前職の専業プラントエンジの時に。

そして(今の所)離婚もせずに子供にも恵まれて過ごしております。

プラントエンジニアでも結婚できます。しかし、それを続けることができるかは別の問題です。

今回はその辺も合わせて解説していきたいと思います。

仕事を理解してくれる人が一番!

結婚するにはこここらスタートですが、簡単にいうと彼女がこの仕事に理解してくれるかどうかは非常に重要です。

なぜなら

  • 残業が多い。
  • 休日出勤が多い。
  • 出張が多い。
  • 出張が長い。駐在などがある場合もある。
  • 連休はほとんど仕事。
  • かといって給料はそれほど高くない(会社による)。

要は普通にデートもできないし、クリスマスとかも会えない可能性高いし、彼女の誕生日に会えない可能性もあるという男泣かせの仕事でもあります。

となると彼女の理解を得ることが重要なのですが・・・こういう仕事というのはあまり理解してもらえない事もあると思います。

私も前職の時は、結構イケメンの先輩が

「何回彼女変えなあかんねん!」

とぼやいていたこともあるくらいですので、付き合うことが出来てもその後が続かない・・・ということがあり得ます。

一番良いと(私が勝手に)思うのは同じような会社や社内で付き合う事ではないでしょうか?

私もほぼ社内恋愛(同じグループ会社だけど会社は違う。けど事務所は一緒)でしたが、今の妻は私の会社がどういう会社かよく分かっていたので

  • 残業→あ~いっつも事務所の電気ついてるもんね。
  • 突然の出張→大変だね~。
  • 長期の出張→帰ってくる日が決まったら教えてね~。
  • 連休でも仕事→友達と遊んでくるわ~。

という感じでかなり仕事について理解してくれたので、非常に助かりました。

まぁその代りとはなんですが・・・出張(特に海外)に行った際は必ずご希望のお土産を買ってあげた記憶があります。

結婚した後も良好な関係を維持する方法

結婚した後も奥さんとは良好な関係を維持できるようにしましょう。結婚したからと言って

  • じゃあ結婚した人は残業なしね!

とかそんなことあり得ないので、結婚した後こそ仕事+家庭の両立を目指すべきです。

私の場合ですが長期の出張などの場合でも、毎日必ず連絡を取っていました。

特に海外で時差がある場合は、朝の苦手な妻の為に日本時間の起床時間に、電話やラインをしていました。

また、妻が結構私がいなくても地元の友達などと遊んでいたので、そのおかげもあって結婚してからでも長期の出張や残業をできたと思います。

ただし、家庭のイベントは絶対に休むべき

ただし、家庭のイベントなどがある場合は必ず休むべきです。

僕の前職は有給は自由にとれたので、家庭のイベント(妻や子供の誕生日やどうしても出かけないといけない日)は事前に有給を予定表に書き込んでおきました。

ただし、仕事柄どうしても長期の出張がイベントに被る事もありますので、その場合は「何時なら帰れるのか?」を妻に伝えてから出張に行っていました。

まぁそれでも何度か「いつ帰ってくるの!?」としかられたことはありましたけど・・・。

「亭主元気で留守がいい」はいい言葉

「亭主元気で留守がいい」という言葉がありますが・・・個人的にはとても良い言葉だと思っています。

もうこういう状態になると、亭主は完全にATM状態ですが妻の事は気にせずにガンガン仕事ができます。

私の前職でも奥さんと上手くいっている人の何割かは、完全に「亭主元気で留守がいい」状態で仕事をしていましたね。

こんなことを言うと怒られそうですが・・・奥さんの事を気にしなくて良い分、出張とかも気兼ねなくいけるし、イキイキ仕事をしている感じでしたね。

まぁ狙ってそんな人を奥さんにすることは難しそうですけど・・・。

実際結婚してみると家庭は楽しい!

結婚は嫌だという人もいます。僕も実際にあんまり結婚には前向きでは無かったですが、妻と付き合って3年くらいで結婚しました。

結婚っするとやはり意識は変わりましたね。一人暮らしなら自分の給料は全て自分の者ですが、やはり妻の分も自分ががんばろうという責任感みたいなものが出来ました。

また、子供が生まれてからも、そんなに子供の事が好きではなかったですが、いざ自分に子供が出来てみると考えががらりと変わりました。

子供の面倒を妻一人に任せるのは大変ですし、自分も子供の顔が見たいのでなるべく早く帰るようになりましたね。

結婚自体は人の価値観ですし、絶対的におすすめできるものではないですが、家庭を持つというのはとてもいいことだと思います。
 

プラントエンジニアの転職なら「プラント特区」がおすすめ!

一般的に”エンジニア”っていうとプログラム扱うような仕事の人を言うことが多くて、なかなか我々”プラントエンジニア”に結びつかないですよね。

それは転職業界でも同じで”エンジニア”向けの転職プラットフォームはあるのに、”プラントエンジニア”に特化したものはありませんでした。

なので「リクナビNEXT」などの転職総合サイトからしか探すしかない状況でした。他デパート型の求人媒体もたくさんありますが、求職者・求人が各媒体に散らばってしまいお互いに効率がよくありませんでした。

ところがついに”プラント業界専門の転職求人プラットフォーム”ができました!

それが「プラント特区」です。

プラント特区」の特徴として

プラント特区の特徴
  • プラント業界専門特化、全国のプラント系企業が求人を公開。
  • 企業の採用担当者にその仕事の質問や相談メッセージが送れるSNSライクなシステム。
  • メッセージのやり取りは1対1のチャット機能を採用。メールよりも簡単でスピーディ。
  • プロフィールを登録しておけば、あなたを必要とする企業からオファーメッセージが届く。
  • あなたの名前は匿名ID番号表示なので就業中でも安心。さらに特定の企業を選んでプロフィール閲覧できなくするブロック機能も使える。
  • PC/スマホどちらでも使えるので、少しの空き時間があれば新着求人チェックやメッセージ返信が行える。
  • 説明書なしでも使えるよう画面構成や機能は極限までシンプル化。
  • 求職者会員は無料。

元々プラントエンジニアの仕事をしていた人が立ち上げたサービスですが、比較的古い歴史を持つ業界としてここまで革新的な専門サイトはありませんでしたね。

でも聞いたことのないサービスだし・・・あまり有名な会社はないんじゃないの?
そんなことありません!東レエンジニアリング東日本株式会社、出光エンジニアリング株式会社、住友ケミカルエンジニアリング株式会社、株式会社JFEエンジニアリング、日揮プラントイノベーション株式会社などの求人も存在していますよ!

現在のプラント業界は高齢化・人材不足が深刻です。

電気・計装・配管・機械などの設計職はもちろん、プロジェクトマネージャーや施工管理、安全管理、CADオペ、調達など、プラント事業に関わる様々なプラント特化求人を「プラント特区」は取り扱っています。

この機会に是非登録してみてはいかがでしょうか?