転職における退職時の挨拶はどこまでいるの?【直接?メール?電話?】








Photo:PEXELS

転職決定後に退職交渉へと進み、無事に退職が決定すれば引継ぎ・身の回りの整理をしていきます。

僕の場合は退職日までは有給(たったの7日しか取れなかった・・・。)を取り、退職日に会社の作業服などを返却しに行きました。

この際に、社内・社外問わずに挨拶が必要かと思いますが、どこまですればよいのか? メールでいいのか? 電話で話した方が良いのか? 直接話した方が良いのか? どれが良いのでしょうか?

結論として退職の挨拶は直接>電話>メールの順

常識的に考えれば、直接>電話>メールの順で丁寧になります

いろいろな理由があって転職し、退職するからといっても、お世話になった方々には直接会って返事をすべきです。

ただ全員に直接必要かと言われれば、そうではないと思います。社内には全く接点のない人もいると思うし、大きな会社ですとかなり時間がかかるので、自分が所属していたフロア程度でよいと思います。

別の事業所や出張中の人には電話で挨拶をすればよいかと思います。流石に直接会いに行くまでしなくてよいです。

やはり、直接・電話で挨拶をすれば悪い印象は持たれないですし、「立つ鳥跡を濁さず」という観点からみても一番良いのは間違いないです。

退職の挨拶をメールでするのはだめ?

前職では会社規模の割に非常に退職者が多かったので、よく退職挨拶のメールを見ました。ほとんどの人が(というかメールで退職の挨拶をする人ほぼ全員)BCCで社内全員にメールを送っていました。

個人的にはすごく違和感を感じます。

今までお世話になった人だったら直接挨拶すべきだと思いますし、もしたまたま休みだったら個別にメールを送るべきでは? と思うからです。

退職が決定した時点である程度はよそ者になりますし、退職した時点でその会社とは関係のない人ですからBCCで一斉送信をしても大きな問題ではありません。

ただ、今まで全く関係のない人から突然退職の挨拶が来て、「いままでお世話になりました」といわれても違和感しか覚えません。

ですので、僕としてはBCCで送るくらいなら個別に宛先を記入して、メールを送る方が良いと思います。僕も社外のお世話になった取引先の方には個別でメールを送りました。

退職の挨拶メールは事前に作っておく

「退職日にそんなメール作っている時間ないよ!」といわれるかもしれませんが、退職が決定した時点で作成しておきましょう。

どうせ退職が決定した時点で新しい仕事が与えられることもないし、たぶん暇ですから(笑)。

退職日に下書きで保存しておいたメールを一気に送りましょう。ついでに、休みだった人にも送付しましょう。

で、僕はどうだったのか?

上のように偉そうなこと書いていますが僕は

  • 直接:本当に親しい人だけ。
  • 電話:お世話になった業者さんや出張中、別事業所の人
  • メール:一切なし

と、全然挨拶する気がありませんでした。

なぜかというと、退職が決まった際にまぁいろいろなこと言われました。なかでも、「人間として頭おかしい」とか言われたりしたので(しかも人事のトップから)こちらもかなり頭に来ましたがけんかしても仕方ないのでその場はうまく取り繕いました。

ただ、怒りは収まらなかったのでまともにあいさつしませんでした。

別に困ったことはありませんが、少し大人げなかったかなと思います。

退職時の挨拶はどこまでいるの?まとめ

退職時の挨拶は非常に面倒だと思いますが、せめてお世話になった方だけには直接お礼を伝えましょう。当日に出張などでいない人にはメールでもよいと思います。

しかし、顔を合わせたこともない人たちにBCCでメールを一斉に送るくらいなら、挨拶をしなくてもよいと思います。

次の会社で御世話になるのが決定しているのであれば、全員に挨拶は必要でしょうがそのような状況になることはまずないはずなので、お世話になった方だけでも十分です。

エンジニアの皆さん、転職エージェント選びに迷っていませんか??

転職エージェント選びとなると迷うのが

  • 「どこの転職エージェントが自分にとってベストかなぁ?」
  • 「担当者が自分のキャリアに詳しい人かなぁ?」
  • 「もし、エンジニア業界に詳しくない人が来たらどうしよう・・・・。」

などなど不安がいっぱいだと思います。

もちろん、転職エージェントも担当次第・会社次第で自分の転職にかかわりますから死活問題ですよね?

そんな不安を抱えているエンジニアの方にお勧めなのが「マイナビAGENT メーカーエンジニア」です!

マイナビAGENT×メーカーエンジニア

マイナビAGENTは、メーカー・ものづくり業界に強い転職エージェントです。

国内最大級の転職支援実績を持つマイナビだからこそ、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業・隠れた優良企業まで、多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。

ものづくり業界出身のキャリアアドバイザーがブレーンとなり、一人ひとりのニーズにマッチした転職を提案します。

そんなマイナビが運営するエンジニア専門の転職エージェントですから、あなたの転職成功の第一歩になるかもしれません!