【オススメ勉強法】TOEICの文法は中学文法の復習と対策本で完璧!









Photo:PEXELS

TOEICの初心者が単語と同様に最初に勉強が必要で、苦労するのが文法だと思います。

私も文法はかなりの苦手でした。

当時はがむしゃらに問題集を購入したりしましたが、フタを開けると下記の2種類の本だけで文法の対策は十分です。

  1. 高校英文法基礎パターンドリル (シグマベスト)
  2. 【新形式問題対応】 TOEIC(R) TEST 英文法 出るとこだけ!
Check!
  1. 高校英文法基礎パターンドリル (シグマベスト)で問題をときながら中学英語を勉強する!
  2. 【新形式問題対応】 TOEIC(R) TEST 英文法 出るとこだけ!でTOEIC特有の文法問題を攻略する!
  3. 最後はやっぱり公式問題集!

TOEICの文法勉強法その1:まず中学の英文法を復習する!

まず、中学の英文法を徹底的に復習しましょう。

それには参考書や問題集を買うよりも、高校英文法基礎パターンドリル (シグマベスト)で問題をときながら勉強しましょう。

この時

  1. 鉛筆で解答を記入して、1周する度に全部消して再度勉強。
  2. 5冊くらい購入して使い倒す。

どちらでも良いのでとにかく解きまくりましょう♪

何度も解いていくと自分の不得意分野が見えてきますので、不得意分野は集中的に勉強することをおすすめします。

TOEICの文法勉強法その2:TOEIC特有の文法問題は解説本で!

もちろん中学の英文法を復習したからと言って、TOEICの文法問題が完璧に解けるようにはなりません。

なぜならTOEICには特有の文法問題が出題されるからです。特に単語の意味だけで判断するような問題なら、単語の意味だけがわかれば問題ないですが実際は

  1. 品詞
  2. 名詞
  3. 動詞の形、時制
  4. 代名詞
  5. 接続詞
  6. 分詞
  7. 関係詞
  8. 比較

これらを判断する問題が出題されます。(このリストが全てじゃないですよ(^_^))

これらの問題はある程度出題パターンと解答方法を理解しておけば、単語の意味がわからなくても解答することが可能です。

そしてそれらを効率的に解説しているのが【新形式問題対応】 TOEIC(R) TEST 英文法 出るとこだけ!になります。

【新形式問題対応】 TOEIC(R) TEST 英文法 出るとこだけ!の良いところは

  1. 安い!1200円しかしません。
  2. 薄い!200ぺーじもありません。
  3. なのにこれ一冊でPart5、Part6の攻略は完ぺきにできる!

と、3拍子そろった解説本となっています。(ちなみに私は著者の小石裕子さんやアルクの回し者ではありませんよ(^_^))

これ1冊をやりきれば、後は公式問題集でひたすら問題集をこなせばPart5、Part6に関しては全く問題ありません!

TOEICの文法勉強法その3:最後は公式問題集で問題数を稼げ!

最後は単語の時と同様に公式問題集で問題をときまくってください!
もちろんここで言う問題集は公式問題集ですよ♪
TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編
公式TOEIC Listening & Reading 問題集2
公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 3
公式TOEIC Listening & Reading問題集 音声CD2枚付 4 /国際ビジネスコミュニケ-ション協会/Educational Testing

何度も解けば問題のパターンと解答法が完全に体に記憶されます。

最終的には単語の意味がわからなくても

  1. 解答を見る。解答の選択肢にはどんな特徴があるか?瞬時に判断する。
  2. 空欄の前後を見て、瞬時に解答を判断する。

この流れが完ぺきにできるように繰り返し勉強しましょう!

大まかな流れは

  1. 高校英文法基礎パターンドリル (シグマベスト)で中学の英文法を復習する。
  2. 【新形式問題対応】 TOEIC(R) TEST 英文法 出るとこだけ!でTOEIC特有の文法問題をマスターする。
  3. 公式問題集で問題数を稼ぐ。

この3つだけです。いろいろと浮気をせずにこの流れで勉強することを強くおすすめします!

TOEICの文法勉強法まとめ

TOEICの文法は決して難しいものではないですが、英語が得意でない方にとってはどうやって勉強すればよいのかわからず、ここで挫折する人も多いと思います。

文法が苦手な人は遠回りに見えるかもしれませんが、中学校の英文法の復習から始めましょう。

そこから、TOEIC特有の勉強に移行すれば効率よく勉強することができます。