公式問題集だけでも4年ぶりのTOEICで800点取れる!【TOEIC公式問題集は超おすすめ!】




会社の命令で4年ぶりにTOEICを団体受験で受けることになりました。

勉強期間は1ヶ月程度しかないのでじっくり復習する時間もありません。

なので本来なら公式問題集+模試で最低5冊程度はやり込みたいところですが、公式問題集のみに絞って勉強する事としました。

結果としては840点取得することができたので、下手にいろいろな教材に手を出すよりは公式問題集のみに絞って勉強したほうが良いと、再度確認することができました。

久々の人もこれからの人も、ぜひ公式問題集を穴が開くまでやりまくってください!

TOEIC初心者の方はこちらの記事から読むことをおすすめします。

TOEIC初心者の方へ送る僕の経験をもとにした20のアドバイス!

2019年4月13日

【高得点を取る人はみんな知っている!?】TOEICで高得点を取るための10のコツ!

2019年3月25日

TOEIC初心者におすすめる参考書・教材・勉強法をまとめました!

2017年11月10日

TOEICの勉強方法はこちら

【TOEIC勉強法】公式問題集をやりきったら模試10冊作戦でTOEIC高得点を狙う!

2017年8月9日

【オススメ勉強法】TOEICの長文攻略でまず必要なのは単語と文法+音読も加えよう!

2017年8月7日

TOEIC初心者でもリスニングの勉強は公式問題集を基本としよう!【オススメ勉強法】

2017年8月4日

【オススメ勉強法】TOEICの文法は中学文法の復習と対策本で完璧!

2017年8月3日

【オススメ勉強法】TOEIC初心者の単語の覚え方は単語帳+公式問題集!

2017年8月2日

久々のTOEIC対策その1:とりあえず公式問題集を買う。

4年ぶりなので形式も変わっています。公式問題集も持っていますが形式が変わる前なので使えません。

さすがに、勉強せずに挑む度胸もないので最新の公式問題集を2冊購入しました。

現在では

の3冊をできれば購入しましょう。

 

 

 

実質、二ヶ月もないので2冊出来れば良い方として、他の問題集や書籍は購入せずに公式問題集に注力することにしました。

元々、公式問題集だけで勉強する期間も長かったので、特にこの勉強方法には疑いもありませんでした。

しかし、4年ぶりということで問題形式も変わっており、少し不安があったのも事実です。

久々のTOEIC対策その2:公式問題集をやって見た結果

とりあえす一冊(2回分)解きましたが、大体700点超えるくらいの結果。まあ、最後に受けた時が800点で、それ以降TOEICの勉強はしていないのでこんなもんでしょう。

で、形式が変わった各パートについてですが

Part1

問題数が減った…。ここが稼げるところだったのに…。逆に落としたらまずいなぁと思います。

基本的に写真に写っていない事は正解ではないので(○○だと思っているとかも)、難しくはないのですがたまに知らない単語が出てきて焦ることがあります。

Part2

うーん、よくわからないけど問題が減ったくらい?発音は変わってないはずだけど、なんか聞き取りにくいところがちらほらあるような。

ただし攻略法は変わらず、発音が似ている単語が出てきたり、明らかな間違い(設問がWhatで始まっているのに、回答がYesで始まっているとか)が出れば正解ではないので、消去法で回答できるところもある。

ここもあまり落とさないようにしたいですね。

Part3

発音については相変わらず、聞き取りにくいところが何箇所かありました。

3人で話す問題は少し事前の対策が必要だと感じました。誰がなんのこと喋っているのかゴチャゴチャになりそうですから。図と関連付ける奴も、問題を聞きつつ、図も見て設問の回答なので結構忙しいですね。

シャドーイングで短期記憶を向上させてから挑みたいところです。

Part4

パート3と同じように発音が聞き取りにくいところが何箇所かある。

Part5、6

特に大きな変更はなし?
文法は苦手なのでよくわかりませんでした。

Part7

最初の方のシングルパッセージは楽勝でしたが、後半のトリプルパッセージはサッパリ。
情報がいろんなところに飛んでいってるので、読解力速読力が必要です。

単語自体はそれほど難しくなくても、どこに求めている情報があるのか見つけるのが大変です。

公式問題集を何度も解いて慣れる必要があると思います。

久々のTOEIC対策その3:公式問題集を解いた後の復習。

公式問題集は解いただけで満足してはいけません。間違ったところを何度も復習して、初めて効果が出てきます。

この復習でどこまで「正解の理由がわからなかった問題」の復習をして、根拠を理解していけるかが重要です。基本的にリスニングも文法も正解は必ず一つでそれには根拠があります。ですので、その根拠をしっかりと復習すれば実際の試験でにた問題が出ても対応可能なので、間違えた問題の復習が非常に重要です。

Part1

全問正解なので復習は無し!

Part2

間違った問題を解答を見てなぜ間違ったのか復習。10回くらい音読して終了。

Part3、4

一番時間をかけた部分。

まず、解答を見て間違ったところをなぜ間違ったのか復習する。
具体的には

  • 単語を知らなかったのか?
  • 聞き取りミスなのか?

この2点集中的に復習する。

単語のミスであれば、意味や用法を復習する。聞き取りミスであれば、シャドーイングする。

なお、どちらにせよ間違った問題は全てシャドーイングした。ノーマルスピードと1点二倍くらいで自分の中で流暢に話せてると思うまで何度も繰り返した。

パート3と4はシャドーイングこそが最強の攻略法だと勝手に思っています。

Part5、6

間違ったところの復習。文法なのか単語なのかを特に気をつける。

Part7

間違ったところを解答を見ながら復習する。

久々のTOEIC対策その4:試験当日

試験は自由席なのでなるべく前に座ったが、隣の奴が試験中に貧乏ゆすりがうるさいは、フリスク食べ出すわでかなりムカついた。

やる気ないなら来るなよ…。

Part1

楽勝

Part2

最後の5問くらいまでは聞き取れた。

Part3、4

うーん、中々難しい。と言うか聞き取りにくい。少し自信消失。

Part5、6

知らない単語はなかったけど、文法が大の苦手なのでパート7に時間を残すためにサクサク解答。

Part7

シングルパッセージは結構調子良かったのに、ダブルパッセージから全然わからない!トリプルはさらにわからずに。

結局、パート5、6で貯めたマージンはゼロに…。最後の10問はカンでした。

久々のTOEIC対策その5:結果

すでに書いてある通り840点でした。

正直言って、かなり驚きました。700点ぐらいの手応えしかなかったので。

僕が考える高得点を取れた要因

リスニング

新形式のところをシャドーイングで何回も繰り返したのが良かったと思います。

あれで、事前にどんな問題かを予想することができました。

リーディング

実はリーディングがなんでこんなに高得点なのかわかりません。

パート5と6で時間を稼いだのが良かったのかもしれません。

どちらにせよ公式問題集をやりまくったのが良かったのだと思います。

久々のTOEIC対策:まとめ

久々にTOEICを受験するときでも以前に勉強していた人は公式問題集をやりこむことがお勧めです。

この時、単に解いて終わるのではなく復習にこそ時間をかけてしっかりと勉強すれば、本番の試験でも高得点が取れます。

シャドーイングやわからなかった単語・文法の復習をしっかりとして高得点を目指しましょう。

TOEIC初心者の方はこちらの記事から読むことをおすすめします。

TOEIC初心者の方へ送る僕の経験をもとにした20のアドバイス!

2019年4月13日

【高得点を取る人はみんな知っている!?】TOEICで高得点を取るための10のコツ!

2019年3月25日

TOEIC初心者におすすめる参考書・教材・勉強法をまとめました!

2017年11月10日

TOEICの勉強方法はこちら

【TOEIC勉強法】公式問題集をやりきったら模試10冊作戦でTOEIC高得点を狙う!

2017年8月9日

【オススメ勉強法】TOEICの長文攻略でまず必要なのは単語と文法+音読も加えよう!

2017年8月7日

TOEIC初心者でもリスニングの勉強は公式問題集を基本としよう!【オススメ勉強法】

2017年8月4日

【オススメ勉強法】TOEICの文法は中学文法の復習と対策本で完璧!

2017年8月3日

【オススメ勉強法】TOEIC初心者の単語の覚え方は単語帳+公式問題集!

2017年8月2日