*/ ?>

【GSX1300R 隼 (GW71A)】いきなりトラブル!シリンダーヘッドからのオイル漏れ【レッドバロンに感謝】

2019年4月21日

【やっと完成!】隼にフレームスライダーを取り付け!」の記事の通り、無事にフレームスライダーの取り付けも完了した隼ですが、洗車の際にカウルをばらしたところ、何やらオイル漏れの跡が・・・。

今回はそんな初期不良の修理レポです。

隼の記事一覧はこちらです

シリンダーヘッドオイルホースが怪しい

左キャプション
左キャプション
たまたま左側のカウル外したので気づきましたが・・・普通は気づきませんよねぇ。

洗車の際に左側カウルも取り外して、洗おうとしたところ何やらエンジン本体に黄色いオイルらしきものがついています。

らしきものというか明らかにオイルだったので、点検したところシリンダーヘッドのオイルホースに怪しいにじみを発見。(写真の赤丸のところ)

明らかにオイルのにじみでしたが、それほど大量にはもれてはいない様子です。

しかし、ひどくなれば突然オイルを吹いて油圧低下からエンジンの停止、最悪の場合自分が転倒+道路上にオイルをぶちまける。

ということになりかねませんので修理したいのですが、少し気になるところがありました。

微妙に一か月を過ぎている。

左キャプション
左キャプション
レッドバロンで購入して微妙に1ヶ月過ぎてましたので、保証期間過ぎているといえば過ぎているんですよねぇ・・・。

レッドバロンでの中古車の保証は一ヶ月です。(初年度登録からの何年たっているかによります。)

しかし、今回は一ヶ月+数日というとても微妙な期間。数日といえ過ぎているのが現実です。

しかし、これはさすがにカウルを取って点検しなければわからないですし、しかも中古車であるのならば乗ってオイルラインにオイルを通さないとわかりません。

ということでレッドバロンに電話をしてみました。

レッドバロンとの電話で話した内容
  • カウルを取らなければわからなかったので見つかって運が良かった。
  • 100kmも走っていないのにオイル漏れはおかしくない?
  • 周りに飛んでるオイルがきれいなので明らかに今のオイル。

ということを話しました。

電話ではとりあえず持ってきてくれということなので、ひどくならないのを祈りつつ乗っていくことにしました。

結果として無償で修理

左キャプション
左キャプション
結果としてほとんど距離も走っていないので無償で修理していただけることになりました。ありがとうバロン!

レッドバロンに到着し事情を説明すると、早速カウルを外すとのこと。

で、外した整備士の人いわく

レッドバロンの整備士の人の話
  • 確かにオイル漏れで新品のオイル。
  • 放っておけばひどくなる。
  • 距離も走っていないので無償で修理する。

と、いうことで無償で交換してもらうこととなりました。

レッドバロンのメカニックには感謝です。さすがにこれでお金取られたら少し納得できません。

ちなみに帰るときに、担当ではない営業の人が

  • 「せっかくいい季節なのに申し訳ありません。きちんと直して返しますので」

と言ってくれたのに車両を購入した時の営業は無言。

さすがに、下手すりゃ命にかかわることだったから一言くらい謝罪の言葉が聞きたかったですね。

ちなみにバイクは無事に戻ってきました。

まとめ

まとめ
  • 今回はたまたま左カウルを外した時に気が付いたので運が良かった。
  • レッドバロンの整備士の人には感謝。
  • こんなこともあるので日常点検(カウルの仲なのでわかりにくいけど)は必要。自分である程度点検できる知識が必要だと思います。
  • ネット上であふれている「レッドバロンは全然ダメ」ということを広めたいからではありません。まぁ中古車は運もある。

隼の記事一覧はこちらです

見てわかる バイクメンテナンス&洗車完全ガイド スクーター対応

年間約11,000台盗まれているバイク!だからこそ盗難対策と盗難保険でカバー!

大好きなバイクとツーリングに行こうとしたら・・・バイクがなかった。

そんな経験したくないですよね?でも

  • 年間のオートバイの盗難届けの件数は約1万1千件。自動車は7100件なので、オートバイは自動車の約1.5倍盗まれやすいという事になります。

つまり毎日約30台バイクが盗難の被害にあっているわけです。

でもそれって原付みたいな盗みやすいやつばっかりでしょ?
そんなことはありません!DUCATIのような人気のバイクや旧車は特に盗まれる傾向にあります!

その為バイクの盗難防止としては重要なのは

  • 見せない→バイクの種類をわからせない!
  • 盗む時間を与えない→盗むのに時間がかかるようであればあきらめる!
  • バイクを毎日気にしているという態度を見せる。→買取のチラシは偵察!いつまでもつけたままのバイクほど盗まれやすい!

事です。

具体的な対策ですが
  • バイクカバー
    屋外で保管する場合は必ずバイクカバーをかけてください。
  • ロックは最低3個、できれば1個は地球ロック!
    バイクカバーをかけていてもカギが1個だとカバーをめくられて中を見られます。ですので最低3個くらいはつけましょう!そして1個は電柱や自宅のフェンスなどとロックして地球ロックしましょう!
    もし地球ロックが無理であれば、メンテナンススタンドとロックすることやアンカープレートを使用しましょう!
    お勧めのロックはKRYPTONITE ( クリプトナイト ) ロック NEW YORK LOCKです!
値段はちょっと高いですが、その重量感とチェーンのゴツサを見ればまさに「安心を買う」という感じです!

そして最後の手段は盗難保険に加入しましょう!

え・・・でも盗まれたバイクが返ってくるわけじゃやないよね?
たしかに自分でカスタムしたバイクはかえってきませんが、盗まれたバイクは大体めちゃくちゃに改造されるか、海外に売り飛ばされます。元のまま戻ってくることはほとんどないでしょう・・・。だからこそ盗難保険に入るべきなんです

しかし、普通の保険はバイクの盗難保険はまず扱っていません。そこでおすすめなのがバイク盗難保険『ZuttoRide Club』です。

バイク盗難保険『ZuttoRide Club』の特徴は

  • バイク盗難保険:最大300万円まで補償
  • パーツ盗難保険:最大20万円まで補償
  • カギ穴いたずら補償:最大5万円まで補償
  • さらに盗難保険金額ごとに細かい保険を選ぶことができます!
パーツ盗難保険って意味あるの?
じつはバイク本体が盗まれないにしても「アクラポビッチのスリップオンマフラー」や「ブレンボのブレーキ」は盗まれたりするんです!

盗難された挙句修理費用、新車の購入費用もすべて負担・・・では納得がいきませんよね?だからこそ盗難保険に加入するのがおすすめです!