【円満退社なんてしなくてもいい?】円満退社にこだわらなくても良い理由





Photo:PEXELS

今日(2017年11月10日ですが)ネット上で面白い記事を発見しました。

「円満退職」で大損する? 知っておきたい労働制度の知識

内容としては

しかし、ネット上でしきりに薦められている「円満退職」の方法に従うと、大損する可能性が高い。実は、失業保険給付が受けられない、未払残業代をあきらめるなど、法的に不利益になるような「アドバイス」が平然と書かれているのだ。

記事より抜粋

ですが、個人的には非常に面白い記事でした。

退職の際に法的なことを調べていない人が多い?

この記事を読んだ限りですが、法的なことを調べずに転職活動をしている方が多いのでしょうか?

ただ、僕の考えとしては「知っていても面倒を起こしたくないので、知らないふりをしている。」という人も多いのではないでしょうか?

僕自身も前職を退職した時は有給もすべて使い切ってはいません。ただ、引継ぎはA4の紙二枚だけで済ませました。

事前に法的なことも調べていましたが、僕自身も変にトラブルを起こして面倒な事態をおこすくらいなら、少しくらい有給が残ってもいいと考えていました。

転職が決まっているときは自己都合退職でかまわない

基本的に転職が決まっていれば自己都合退職で問題ないと思います。しかし、うつ病になって半ば会社に強制的に自己都合でやめさせられそう、などという時には何が何でも会社都合にさせるべきです。

記事にも書いていますが、雇用保険の失業給付の為です。

明らかに会社側に問題があるときは戦うべき

明らかに会社側に問題がある(パワハラ、サービス残業など)の場合は、やはりしかるべきところに相談して戦うべきでしょう。

前職でもうつ病になって、診断書を提出すれば休職できるのに

「うつ病にさせるような会社にはいたくない」

といって(まぁある意味もっともですが)自己都合で退職した人がいました。(実家暮らしだったので問題ないと思いますが・・・。)

会社に問題があるときは会社に違法行為を是正させるべきなので、しかるべきところに相談しましょう。

まとめ

転職で退職する際は円満退社をするのが勿論ベストですが、状況によっては円満退社に拘る必要もありません。

例えばパワハラやセクハラを受けた、うつ病で退職することになった際は何がなんでも会社と戦って会社都合で退職すべきです。

もちろん「もうあの会社とは関わりたくない」という思いがあるのもわかりますが、自分の将来の為ですので、会社都合で退職することがお勧めです。