今やバイク乗りには常識!?「ワークマンのイージス」は完全防寒!




冬ツーリングは寒さとの勝負でもあるので、ヘルメットとの首隙間と足首、ズボンの裾から如何にして風が入ってこないようにするのが肝です。以前はそこに、マフラーや長い靴下を履く事で対処していましたが、今ではそこに画期的な商品を購入して対処しています。

それとは別で、カイロや女性が好む蒸気のシートを体に貼り付けるとかなり温かくなり、ロングツーリングで重宝します。

現在のお気に入り防寒着は、巷で評判でもあるワークマンの「イージス(360)」です。これは6千円以下の防寒具ながら、個人的には数万以上の価値を感じています。それまで、ダウンジャケットやバイカーらしく革ジャケットなど模索してきましたが、この商品に優るものは知りません。

イージスはコスパが半端ない

いろいろなバイク用の防寒着や重ね着をして冬でもバイクに乗ってきましたが、個人的にはこのイージスのこの値段で、これより温かい防寒着があるとは思えません。とにかく温かいですし、風を通さない能力に掛けては、他の製品の何歩も先に行っていると断言できるレベルです。

例えば、何十万も出して冬山登山用の防寒着などを購入すれば、バイクでも問題ないと思います。でも、それは現実的ではないです。イージスの魅力は、低価格ながら圧倒的な温かさ、さらにデザインもオシャレで洗練されながら、雨に対しても適応している万能着として飛躍した事です。

革ジャケットは見た目はライダー気分で良いですし、冬でも昼間なら問題はありません。でも、雨になると悲惨ですよね。その点、イージスなら雨でも平気で浸透する事もありません。

イージスを購入する前は、冬の短時間走らせなら、それこそ定番のヒートテック上下で厚手のセーター、そこにダウンジャケットが多かったですが、これでも寒いのが本音ですし風も入ります。下はデニムのオーバーパンツにしたりと、模索もありましたが、最終的にはイージスが気に入っています。

デザインは人次第。アメリカンには似合わないかも?

防寒着として欠点がないイージスですが、敢えてあげるならデザインは人によって、賛否が分かれます。確かに、オシャレな若者やアメリカンタイプが好きなら、ちょっと合わないのも事実です。その点は仕方がないです。後は、購入するのが不便というか、人気ありすぎて品薄なのも事実です。

私が購入した時は、ネットでは売り切れで時間がかかるので、ダメ元で直接お店を数軒回ったら、その中の一軒で運良く購入する事ができました。

後は、胸ポケットの位置、フェイスガードがちょっと肌に合わないなど、細かな点で気になるのも事実ですが、それはどの洋服や防寒着でもあるので、デメリットとは言えないですよね。

イージスで冬のツーリングもばっちり!

それまで、ちょっと出かけようとしてもバイクは寒いから、車にするか。または、やっぱり止めた、というのはバイク好きでも本心として多かったと思います。でも、ワークマンのイージスと出会ってからは、冬でも出かけるのが楽しくなりました。

何より、寒いのは何が辛いって、運転している時は興奮や楽しさで寒さを忘れる、耐えられるのも事実ですが、自宅に戻った時に安心から風邪を引いてしまう事も多々あったものです。

でも、イージスのおかげで何時間走っても、風邪を引く事などはなくなりました。バイク乗りの方にはぜひ購入してほしいと思います。