【実地試験】1級管工事施工管理技士合格体験記【実務経験の勉強法】




【めざせ1発合格!】1級管工事施工管理技士合格体験記【勉強法・過去問】の続きとなります。

1級管工事施工管理技士の実地試験は、学科と違い全てが筆記となりますので難しい印象を受けるかもしれません。

しかし、過去問を使用してしっかりと復習すれば、1発で合格は決して不可能ではありません。(実際に私は1発で合格しています。)

【めざせ1発合格!】1級管工事施工管理技士合格体験記【勉強法・過去問】で解説しきれなかった、実地試験について、今回は実務経験の記載方法も含め解説していきます。

実地試験は実務経験の記述が一番苦労しますが、過去問を使用してしっかりと作文を作成すれば合格は可能です!

【実務経験の参考に!】1級管工事施工管理技士・実務経験の解答例!

2019年6月12日

【めざせ1発合格!】1級管工事施工管理技士合格体験記【勉強法・過去問】

2017年11月17日

1級管工事実地試験おすすめ勉強法その1:工程管理および法規のどちらかは捨てる

実地試験を大きく分けると下記の項目に分けられます。

  1. 設備全般
  2. 工程管理
  3. 法規
  4. 施工経験記述

このうち、工程管理と法規は選択問題となっていますので、どちらかを捨ててください。

私は工程管理の方がネットワーク工程表が100%出題されていますし、法規は覚えることが多そうなので法規を捨てました。しかし、どちらを捨てるかは一度両方を勉強してみて決めれ良いと思います。

これにより、勉強範囲が少し狭まりますからその分を他のところに充てるところが可能です。

1級管工事実地試験おすすめ勉強法その2:設備全般は解答を覚えてしまう

【めざせ1発合格!】1級管工事施工管理技士合格体験記【勉強法・過去問】に書いてある勉強方法とほぼ同じですが、基本的には過去問を繰り返しときましょう!

最新の過去問はこちらから調べてみてください。

しかし、今回は記述ですので実際に施工要領図に回答を記載する必要があります。勉強する際はどのように記載するのかが正解なのか? よく確認しながら勉強することが必要です。

ただ、僕自身が勉強して思ったことは、設備の設計や施工管理を経験していれば当たり前として自分が行っていた事、なんとなく理由がわかるものが必ずあるはずです。

そのような問題は解答を確認し、以後は勉強しないのが勉強量を少なくする方法です。

何度も言いますが、試験は合格すればいいんです! 過去問を完璧にすることも必要ですが、それにより時間ばかり浪費して効率悪い勉強をすることは必要ありません。

試験に合格すること=合格点を取ることを目指しましょう。

その為に

  1. 理解した問題は以後勉強しない。(試験前に見返すくらいで十分)
  2. 何度も間違える問題を繰り返し復習する。

の2点を忘れないでください。

1級管工事実地試験おすすめ勉強法その3:工程管理と法規なら工程表を選ぶ

どちらでもいいですが、2017年現在では工程管理はネットワーク工程表が100%出題されています。

ネットワーク工程表は覚えれば、100%正解が可能なので工程管理の方を選ぶ人が多いようです。

私も工程管理を選びました。今後もこの傾向が続くのであれば、工程管理を選ぶべきです。

1級管工事実地試験おすすめ勉強法その4:実務経験は具体性+禁忌ワードに気を付ける。

実務経験の勉強法その1:出題内容

施工経験に関しては

  1. 工程管理
  2. 材料の受け入れ
  3. 安全管理
  4. 試運転

の大きく4つが出題されています。

まず、この4個のどれが出てもいいように事前に作文を作っておきましょう。

実務経験の勉強法その2:書き方に注意!

施工経験を記載するときに気を付けるのは、書き方によっては一発で試験を落とされる可能性があることです。具体的に説明すると

工事件名:もちろん実在する会社やその事業所などを記載する。この時、管工事施工管理に関する実務経験と認められない工事があります。例えば「プラント工事」や「公道下の上下水道の工事」等です。「でもプラントでも配管工事はあるし、上下水道も配管工事じゃ・・・。」と、思う方もいると思います。しかし、ダメなものはダメなのです。試験に受かる為には受け入れましょう。詳しくは過去問を見ればのっています。

工事場所:これも同様に実在する住所などを記載する事。

設備工事概要:工事件名で記述した内容と矛盾しない事。建築物の延べ面積などもしっかりと記載すること。

工事費も特定建設業(2017年では4000万円)以上となること。(これに関しては僕の先輩が講習会で言われたようです。安いと2級でよい、つまり一般建設業となるので。)

実務経験の勉強法その3:具体性も忘れずに

内容に関しては具体性が必要です。単に「高所作業が危険なので・・・」だけだと具体性に欠けます。ですので、私が試験の時に実際に記載した例を取ると

「客先の構内道路を横断する形で配管工事をする必要があり、横断用のラックで高所作業が発生した。その為、ラック下の道路を使用する際の安全対策が最も重要だと考えた。取った対策は、①工事中は高所作業中の垂れ幕を下げ注意を促した。②ガードマンを配置し道路を使用する際はラック上での工事を中断した。」

という感じで具体的に記載する必要があります。

この辺りも過去問に乗っていますので、しっかりと自分の作文の添削をしましょう。必要であれば社内ですでに合格している方に見てもらいましょう。

実務経験の勉強法その4:禁忌ワードに注意!

上にも書いていますが、「プラント工事」や「公道下の上下水道の工事」等は工事経験として認められません。絶対に書かないようにしましょう。

実務経験の勉強方法その5:僕の回答も参考にしてみてください!

実際に私が答案で使用したときの回答も参考にしてみてください!そんなに長々と書いていませんが、この程度でも合格しました。

【実務経験の参考に!】1級管工事施工管理技士・実務経験の解答例!

【実務経験の参考に!】1級管工事施工管理技士・実務経験の解答例!

2019年6月12日

1級管工事施工管理技士実地試験勉強法:まとめ

1級管工事施工管理技士の実地試験は全てが記述式なので難しく感じると思います。

しかし、過去問を利用してしっかりと勉強すれば1発合格は不可能ではありません。実務経験も内容と書き方に気を付ければ十分対応可能ですので、1発合格を目指しましょう!

独学が難しければ通信教育もあり!
  • 独学する時間が惜しい
  • 少しでも効率よく勉強をしたい
  • 周りに施工管理技士の資格を持っている人がいないので、実地試験の経験記述がどう書いていいのか分からない
  • スクールに通うほど時間は無い・・・。

そんな人には通信教育がおすすめです!実は1級管工事施工管理技士に限らず1級の施工管理技士の通信教育は非常に少ないのが現状です。

そんな中で唯一お勧めできるのが「独学サポート事務局の施工管理技士受験対策シリーズ」です!

この通信教育の凄いところは一番安い「独学サポート」で

  1. 推薦教材のご案内(テキスト・問題集・実地教材)
  2. 受験対策10資料(出題傾向を分析した資料及び独学学習の指標となる情報配信)
  3. サポートサービス(質問メールサービス・新規試験情報配信)
  4. 記述添削サービス(実地試験必須の経験記述の作成指導及びプロによる添削チェック)
  5. オリジナル冊子『実践!セコカン確実に合格を勝ち取る11のポイント』のご提供
  6. 過去問題ファイル(直近5年間にわたる過去出題問題と解答)
  7. モギ試験:本番の試験直前に実力確認と弱点補強のための模擬問題を配布・配信

これだけの量の教材やサービスを受ける事が出来ます。これで9,800円しかしません!

これに「1級管工事施工管理技術検定試験問題解説集録版《2019年版》 」と「1級管工事施工管理技術検定実地試験問題解説集【2019年版】」を購入しても合計で18,000円くらいです。

高いと思うかもしれませんが、私が1級管工事を受けた際は実地試験のみの対策講座を受講しましたが、それだけで25,000円しました。

過去問と合わせれば約33,000円使っている事になります!

一番安い独学サポートでも 記述添削サービスがついていますのでかなりお買い得と言えます!

また、これに作文作成代行サービスを合わせても+7,800円なので、25,800円程度で済ますことができます!

施工管理技士の講座では作文を添削するサービスは多くありました。しかし、作文の作成を代行までしてくれるのは

独学サポート事務局の施工管理技士受験対策シリーズ

だけではないでしょうか?

正直私が受けた添削サービスは

  • 漢字が読みにくい。
  • ひらがなの”とめ”と”はね”をしっかり書きなさい。
  • もう少し字をきれいに書きなさい。

と確かにそうなんですが、もっと内容に対してつっこんでよ!という感じだったので不満しかありませんでした。

しかし、「独学サポート事務局の施工管理技士受験対策シリーズ」は

  • 実地試験必須の経験記述の作成指導及びプロによる添削チェック

ということでかなりしっかりした添削が期待できますので、文章力の無い方や、初受験だけど合格したい方にはぴったりだと思います。

正直、「なんで僕が受験した時にこのサービスを受けなかったのか」後悔するくらいコストパフォーマンスの高い商品です。

1級管工事施工管理技士を受験予定だけど

  • 一発で合格したい
  • 合格する自信が無い
  • 現場実務にいまいち乏しい方

などに間違いなくおすすめできる通信教育です。